花乃まりあ(かのまりあ)本名や結婚、子どもは?ZIPで活躍!相手役は明日海りお!綾瀬はるかに似てる!歌唱力は?宝塚何期?同期は誰?ダンスや芝居は?退団はいつ?現在の活躍は?はなの?花の?

女優の花乃まりあ(かの まりあ)さん。朝の情報番組『ZIP!』で元気に現地レポーターの務め、その魅力に取りつかれた方の多いのでは?

聴きやすい声、可愛らしいお顔、元気いっぱいのレポートが大好評。声優としてもご活躍。このほどおめでたを発表されました。

花乃まりあさんは元花組のトップ娘役でした。

しかも、レジェンド級のあのトップスターの相手役!

宝塚時代の経歴や活躍、本名や年齢も含めて詳しくお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

花乃まりあの本名や年齢、身長は?何期?元トップ娘役!相手役は明日海りお!

花乃まりあさんの本名は幸田梨緒(こうだりお)さん生年月日は1992年10月12日で、身長は163センチです。

花乃まりあさんは中卒。ということは、宝塚音楽学校には一発合格!

つまり、「すぐにでも欲しい!」と面接官が思うほど既に輝きを放っていたのでしょう。

2010年に月組の『スカーレット ピンパーネル』にて初舞台、宙組に配属されます。

華やかな容姿を持った花乃まりあさんはすぐに活躍を始め、入団3年目に新人公演でヒロインに抜擢されます。

その後も新人公演では何度もヒロインを経験し、入団5年目に花組へと組替えになります。

その後、花組の大人気トップスター明日海りお(あすみ りお)さんの相手役として活躍されていました。

一見、順風満帆のように見える宝塚人生ですが、実は花乃まりあさんはかなりの苦労人です。

花乃まりあさんは2010年に宝塚歌劇団入団の96期生になります。96期生といえば不運な出来事が重なり、入団から「問題のある学年」とされていました。

もちろん、96期生全員に問題があるわけではありません。

しかし、花乃まりあさんはその中でも宝塚音楽学校時代の画像が流出してしまったというトラブルがありました。

そのせいでかなりの色眼鏡で見られてしまっていた上に、抜擢が早すぎたせいもあり、いわゆる「アンチ」の存在がありました。

更に、当時のトップスターの中で一番人気といっていいほどの明日海りおさんの相手役ということで、アンチは更にヒートアップ。

そのせいもあったのか、宝塚に在団したのは7年という短い期間でした。

スポンサーリンク

花乃まりあ:宝塚何期?同期は誰?芸名や愛称(あだ名)の由来は?

先ほどお伝えしたように、花乃まりあさんは96期生になります。

宝塚ファンを少しザワつかせて入団してきた学年ではありますが、魅力的なタカラジェンヌが多くいました。

  • 和希そら(かずき そら)/元雪組男役スター
  • 咲妃みゆ(さきひ みゆ)/元雪組トップ娘役
  • 朝月希和(あさづき きわ)/元雪組トップ娘役
  • 綺咲愛里(きさき あいり)/元星組トップ娘役

なんと、合計4名ものトップ娘役を輩出しました。

男役の和希そらさんは雪組三番手としてスター路線で活躍。

大変に実力も高いので、今後、宝塚を代表するスターの一人になっていくに違いないと思われていましたが、惜しまれつつ2024年2月11日退団しました。

4名のトップ娘役は、花乃まりあさんを筆頭に、とにかく美女揃いなのが特徴的です。

騒ぎを起こしてしまったとはいえ、それでも劇団がトップ娘役に起用したくなるほどだったというわけですね。

花乃まりあさんの芸名の由来は…意外にも公表したことがないようです。

花乃まりあさんにはお姉さんが2人いて、中学校から女子校に通われていたので、周囲に宝塚ファンがいた、という可能性は高いですね。

花乃まりあという娘役らしい可愛い芸名は、その皆さんと一緒に考えたのでしょうか。

愛称は「かのちゃん」と呼ばれていることがほとんどです。

宙組時代は本名の「りお」と呼ばれていたのですが、花組には相手役でもある「明日海りお」さんがいらっしゃいました!

花組で次第に「かのちゃん」に変わっていったように思います(^_^)

スポンサーリンク

花乃まりあ:歌唱力・ダンス・芝居は?人気の理由や宝塚時代の代表作やエピソードは?

宙組の新人の頃の花乃さんは、目を引く華やかな容姿とは別に、実力はまだ発展途上な感じがありました。

しかし、新人公演や別箱公演でヒロインを演じるたびに、どんどんうまくなっていきます。

歌の上手い娘役が憧れるエトワールも経験し、明日海りおさんの横に立つに相応しい実力を身につけていきました。

なんといっても花乃まりあさんの魅力は、「おてんば感」ではないでしょうか。

宝塚の娘役はやはり「清く、正しく、美しく」に相応しい、おしとやかで可憐なタイプがほとんど。

そんな中、花乃まりあさんは男役さん顔負けの、勝気な役がとても似合っていました。

それを象徴していた役が、初めてバウホール公演でヒロインを務めた『the WILD Meets the WILD』と、退団公演の『金色(こんじき)の砂漠』です。

『the WILD Meets the WILD』でのエマ役は、言うなれば、じゃじゃ馬娘。

男役さんを相手に立ち回りをしたり、お酒に酔って奔放に歌い踊ったり。

『金色の砂漠』のタルハーミネ役なんて、なんと明日海りおさんの背中を踏みつける気位の高い王女様です!

他にも、『ME AND MY GIRL』のサリー、『アーネストインラブ』のグウェンドレン、『風と共に去りぬ』新人公演のスカーレットもそうです。

男役さんの隣で静かに微笑んでいるのではなく、存在感を発揮して走り回る役が本当に素晴らしかったですね。

前述の和希そらさんとは、入団時の配属が宙組で年齢も同じということで仲良し。

和希さんのフォトブックでも対談をしていましたが、優しいだけでなく発言の的確さやプロデュース力の高さに私は舌を巻きました。

スポンサーリンク

花乃まりあ綾瀬はるかに似てる?退団はいつ?

もちろん、花乃まりあさんといえば、その可愛らしいビジュアル。「宝塚の綾瀬はるか」と呼ばれているほどでした。

シャープな輪郭が綾瀬はるかさんによく似ているのですが、花乃まりあさんのほうが黒目がちの丸い瞳で、キュートな雰囲気です。

退団会見ではご自身の宝塚人生を振り返り、こんなお話をしていました。

宙組から花組に組替えになり、次期娘役と発表になってからがとても辛かったそうです。

きっとアンチの存在もご存知だったのでしょう。

その上、花組には素敵な娘役さんがたくさんいるのに、突然宙組からやってきてトップ娘役になってしまう。花組ファンから反感が出るのは分からないでもないですが…

ご本人が希望したわけでもないので、気の毒だなと思っていた人も多かったように思います。

しかし、他組からやってきてトップになってしまう苦しさは、明日海りおさんも同じ境遇でした。

心強い手紙や言葉をもらい、必死に舞台に立っていたそうです。

そしてトップ娘役として台湾公演に行った時に、「海外のお客様に楽しんでいただけてとても幸せ」と感じ、退団を決めたそうな。

2016年『雪華抄(せっかしょう)/金色の砂漠』にて、卒業されます。

実質、トップ娘役として活躍されたのは2年間でしたので、かなり短い期間でした。

きっと死にもの狂いで駆け抜けてきた、とても濃い2年間だったのでしょうね。

スポンサーリンク

花乃まりあ結婚相手はどんな方?結婚はいつ?子どもは?息子?娘?

そして近年大きな話題となったのが、ご結婚!

2021年に、一般人の男性と入籍したことを公式Instagramで発表されました。

これだけ可愛い花乃まりあさんですから、男性が放っておくはずがない!みんなが納得でした(#^.^#)

結婚式の様子も割とオープンに公表されていて、ご主人のお顔までは写っていませんが、たくさんのウェディングフォトをアップされていました。

伊豆にある、ワイナリーが併設されている式場での挙式でした。

自然に囲まれた超オシャレなウェディングの様子は、まさに女子の憧れ!

後日、テレビに出演された際に「ご主人のどこが好きですか?」と質問され、オドロキのエピソードが!

花乃まりあさんは最初はご主人に全く興味がなく、デートのお誘いを断っていたとか。

それでも、「5分だけでいいから!!」と頼み込まれ、「5分で何をするんだろう(笑)」と面白くなり、そのしつこさに惚れ込んでいったのだそう。

確かに、そこまで食い下がられると「そんなに好きなの?!」と女性は少し嬉しくなってしまうかも(笑)

そのしつこさのおかげでこんなに可愛い奥さんを迎えられたのですから、諦めない心、大事ですね!

そして2024年2月12日にご自身のインスタでおめでたを発表!前述の和希そらさんの退団の翌日でした。

宝塚では同期が退団する千穐楽には、OGがこぞってお手伝いに集まるのが慣習。

和希そらさんの卒業をしっかり見守れるように、メディア露出の多い花乃まりあさんは、ご自身が話題にならないように気を遣ったのかもしれないなあと思いました。

こんなところもかっこいいですよね。

お子さんの性別はまだわかりませんが、吉報を楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク

花乃まりあ:事務所はドコ?現在の活躍は?舞台やテレビの出演は?

宝塚を退団後、花乃まりあさんはフロム・ファーストプロダクションに所属しています。

いわゆる「バーニング系」で、大勢の有名芸能人が所属している大手の事務所です。

2021年に結婚、2024年におめでた発表した花乃まりあさんですが、お仕事をバリバリこなしています。

冒頭にお伝えした朝の情報番組『ZIP!』を筆頭に、舞台、テレビやラジオのドラマ、と大忙しです。

2022年には宝塚OGのみのストレートプレイ『8人の女たち』に出演。

ボーイッシュでいたずらっ子の17歳を演じました。

確かに出演OGの中では最下級生ではありましたが、花乃まりあさんの実年齢から考えて少女役ができるのはすごいことです!

全く違和感なく、しかも単なるいたずら末娘ではなく、とても難しい役どころを見事に演じ切っていました。

花乃まりあさん演じたカトリーヌは、『8人の女たち』での影の主役と言っていいほどの重要な役。

それをあれだけ見事に演じ切り、実力の高さを証明しました。

『ZIP!』は生放送ですし、他のお仕事との調整が難しいかとは思います。

しかし、これからも舞台はもちろん、体調に気をつけて多方面での更なる活躍を期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました